ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/03/27

今読むべき本はコレだ! おすすめビジネスブックレビュー - 第10回

「ウチの会社から盗んで金になる情報なんてない」がなぜ思い違いなのかわかる本


『Q&Aで考えるセキュリティ入門 「木曜日のフルット」と学ぼう!』宮田健 著

ITと働き方改革が切り離せないように、ITとセキュリティもペアで考えることが必須。とはいえ我々は『自社にハッカーが侵入しても盗るものなんてないよ(笑)』『山ほどある会社からウチを選ぶわけない』などと妙な思い込みで油断しがち。今回紹介する本は、その甘えをすっかり一掃してくれる。

文/成田全


日常的にサイバー攻撃の脅威にさらされるパソコンやスマートフォン

 仕事で欠かせないパソコンやスマートフォンはプライベートも含め、今や「ないと何もできない生活必需品」になったと言っても過言ではない。ところがこれらの機器は日常的にサイバー攻撃の脅威にさらされている。しかしそうであると知りながら特に対策もせず、「私のパソコンやスマホは大丈夫」と思っている人は案外と多いのではないだろうか。

 そう考えてしまうのは「まさか私が被害に遭うなんて」という、何の根拠もない楽観的な思考=正常性バイアスが関係していると考えられる。これは人間が出来事や物事を捉える際、様々な先入観や偏見といった脳の考え方のクセである「認知バイアス」と呼ばれるものが発動するからで、日常さらされる様々なストレスを軽減するため脳が選択していることなのだ(とはいえ、そうであることを認識した上で対策は万全にしてもらいたい)。

 また「どうせ私や会社には大した情報なんてないから、対策なんかしなくても大丈夫」という方もいるだろう。しかしこれは大きな間違いであり、あなた一人だけの問題ではないのだ。なぜ悪意を持ってサイバー攻撃を仕掛けてくる人たちが存在し、彼らが何を狙っているのか、考えたことがあるだろうか?

 情報セキュリティの問題は、インターネットを介した情報社会が高度になればなるほど重要度が増す。しかし会社で情報セキュリティを担当している方でも「何をやったらいいのかわからない」「どこまで対策したら安全なのか?」「上司から費用対効果を迫られる」など、悩みを抱えていることと思う(個人でもそう感じている人は多いはずだ)。

 何がどうなっているのかよくわからない情報セキュリティについて、基礎の基礎から学んでみたいという人にお勧めしたいのが、『Q&Aで考えるセキュリティ入門 「木曜日のフルット」と学ぼう!』だ。

こちらは会員限定記事です。
スマートワーク総研へログインすることで
続きがお読みいただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。