ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/07/31

今読むべき本はコレだ! おすすめビジネスブックレビュー - 第13回

2025年、金融業界は壊れてアマゾンが銀行を設立する!?


『アマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオ』田中道昭 著

6年後、世界最大の総合オンラインストア「アマゾン(Amazon.com)」が銀行を設立したら――。本書は、そんな大胆な仮説を元に、既存の金融産業を破壊するかもしれない新勢力「金融ディスラプター」の正体と彼らが保持する技術、そして次世代金融産業の条件ともいうべき「金融4.0」の概念を丁寧に解説してくれる。

文/成田全


既存の業界秩序を覆す「金融ディスラプター」

 2019年4月、紙幣デザインの刷新が発表された。2024年度上半期を目処に発行される新一万円札の「顔」に選ばれたのは、近代日本の資本主義の発展に貢献した渋沢栄一だった。渋沢は明治新政府の大蔵省で金融・財政制度の制定に尽力し、後に実業家へと転身。王子製紙や日本郵船、日本鉄道など生涯で約500社の企業の創設や育成に関わった。その渋沢が1873(明治6)年に創設したのが、第一国立銀行(現みずほ銀行)だ。これが日本で最初に開業した銀行であった。

 日本銀行のホームページによると、「銀行」という名称は1872(明治5)年に制定された「国立銀行条例」で、アメリカの「国立銀行法(National Bank Act)」を典拠とした際、この「Bank」をどう訳すか高名な学者によって議論され、「お金(金銀)」を扱う「行(中国で店を意味する言葉)」で「金行」「銀行」の案が有力となり、語呂の良い「銀行」が採用されたことが始まりだ(銀貨が多く使われていたから、渋沢栄一が関わった、など諸説あり)。

 さらに「Bank」は、イタリア語「Banco」に由来する言葉だ。中世(12世紀頃)の北イタリアの両替商たちが、両替をする際にBanco(長机、腰掛)を使ったことが語源と言われている(現在のイタリア語で銀行は「Banca」)。かように長い歴史を持つ銀行だが、近年ではその存在自体を脅かすようなことが起こっているという。その原因は「金融ディスラプター」と呼ばれる新しい勢力の台頭だ。ディスラプターとは「破壊者」を意味し、既存の業界秩序を覆す存在である。

 現在、金融業界ではどんなことが起こっているのか、そしてこの先どんな未来が予測されるのかを解説してくれるのが、企業戦略&マーケティング戦略、ミッション・マネジメント&リーダーシップを専門とする立教大学ビジネススクールの田中道昭教授による『アマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオ』だ。「アマゾンが銀行を?」と思うかもしれないが、筆者の田中氏は「アマゾン銀行の設立は時間の問題」と本書に記している。

こちらは会員限定記事です。
スマートワーク総研へログインすることで
続きがお読みいただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。