ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/10/23

今読むべき本はコレだ! おすすめビジネスブックレビュー - 第14回

なぜ世界中の企業が5Gに注力するのかがわかる一冊


『5Gビジネス』亀井卓也 著

社会を変えると言われる5G。日本でも2020年に向けての整備が進み始めている。しかし、「スマホの速度が速くなる」以上のインパクトを理解している人は案外少ないのでは? この本を読むことで、世界中の企業が5G「ビジネス」に目の色を変えて注力する理由がわかるだろう。キーワードは「高速大容量通信」「超信頼・低遅延接続」「多数同時接続」だ。

文/成田全


これまでの世代とは決定的に違う「5G」

 2020年、日本でも本格的な「5G」のサービスが始まる。5G(ファイブジー)とは「5th Generation」の略で、「第5世代移動通信システム」を意味する言葉だ。移動通信システムはこれまで第1世代(1G)から、現在の第4世代(4G)へと発展してきた。ところが5Gは、これまでの世代とは決定的に違っていることがあるという。5Gは何が優れているのか、どんなことが可能なのか、また社会にどんな影響があるのかをまとめたのが、今回ご紹介する『5Gビジネス』だ。

 本書の第1章には日本の移動通信システムの歴史がまとまっている。簡単に振り返ってみよう。

 1979年に商用化された自動車電話、そして1980年代に登場した持ち運べる携帯電話が「1G」だ。アナログ方式だった1Gをデジタル方式に進化させたのが、1990年代の「2G」で、この時代、携帯電話が爆発的に普及し、データ通信によってメール送信も可能となった。そこに登場したのが、インターネットにつながる「iモード」や「EZweb」、さらには携帯電話で写真を撮影して送れる「写メール」などの革新的サービスだ。これによって移動通信システムは単なる「移動電話」から「プラットフォーム」へと進化を遂げることとなった。

こちらは会員限定記事です。
スマートワーク総研へログインすることで
続きがお読みいただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。