ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2021/04/27

Microsoft 365で業務効率アップ!

【第94回】iPadのMicrosoft Officeが圧倒的に進化(1)


iPadをモバイルノートがわりに使おうと考えている方も少なくないだろう。確かに、機能がどんどん進化し、パソコンに匹敵する作業ができるアプリも少なくない。注目したいのがMicrosoft Officeの進化だ。2回にわたってiPadのMicrosoft Officeについて新機能を中心に紹介する。今回は、マウス対応によって使いやすくなった点を中心に紹介していこう。

文/戸田 覚


マウスで範囲指定が楽になった

 iPadがマウスに対応し、さらにMicrosoft Officeもアップデートでマウスでの操作がしやすくなっている。実際に使ってみると、パソコンのExcelやWordとほとんど遜色のない操作性を実感できるはずだ。

 あまりに普通なので違和感がないのだが、以前はそもそも指先で操作しなければならず、その後、OSがマウスに対応しても、使い勝手がイマイチだったのだ。ところが、昨年12月のアップデートで今回のように使いやすく進化している。

少々わかりにくいのだがグレーの丸がマウスポインターだ

マウスでの範囲指定は作業がしやすい

指での範囲指定ももちろんできるので両方を組み合わせるといいだろう

Wordでもマウスによる範囲指定がしやすい

Split View対応がスゴイ

 Split Viewは、iPad上に2つのアプリを開いて作業するマルチタスク機能だ。ExcelやWordもSplit Viewに対応しており、とても快適に使える。

 驚くべきはコピーアンドペーストで、Excelの表やWordの文章を範囲指定したら長押しし、ドラッグするように動かすことで他のアプリに貼り付けられる。標準のメモに貼り付けるとテキストになる。

 Excelの表やグラフをWordに貼り付けると、書式も保持されたままオブジェクトとして利用可能。表ならWord上でも表として編集ができる。

 他のアプリとも連携可能で、この連携機能は素晴らしいとしかいいようがない。

 次回は、統合された「Microsoft Office」について紹介していく。

Excelの表を標準のメモにドラッグしてみる

すると、メモ上でテキストとして利用できる

Wordにドラッグすれば表として貼り付けることができて編集も可能

グラフなどは、そのままオブジェクトとして利用できる

<「Microsoft 365で業務効率アップ!」前回リンクと次回予告> 
【第93回】実はかなり便利なMacのMicrosoft Office(2)>>
【第95回】iPadのMicrosoft Officeが圧倒的に進化(2)(本日、同時掲載です)>>
【第96回】写真の貼り付け方を基本から理解する(1)
(毎週火曜日掲載、5月4日は祝日のため休載いたします。次回は5月11日掲載予定)

筆者プロフィール:戸田 覚

1963年生まれ。IT・ビジネス書作家として30年以上のキャリアを持ち、「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著作は150冊を超え、IT系、ビジネス系を中心に月間40本以上の連載を抱えている。テレビ・ラジオ出演、講演なども多数行っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。