ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/08/24

今読むべき本はコレだ! おすすめビジネスブックレビュー - 第4回

日本を苦しめる、日本の努力だけでは解決できない問題たち



『[データブック]近未来予測2025』ティム・ジョーンズ&キャロライン・デューイング・著、江口泰子・訳

人口爆発、食糧難、資源枯渇、先端技術がもたらす社会のひずみなど、世界中の人々が危惧する課題の10年先を予測し、解決策を模索するオープン型未来予測プログラム「フューチャー・アジェンダ」。その成果をまとめた本書を読めば、日本の苦境は世界が抱える問題と密接にリンクしていることが理解できるだろう。

文/成田全


“2025年”に起こり得る事態を予測

 アメリカやヨーロッパ各国でプラスチック製ストロー提供禁止の動きが広がっている。これは2015年、絶滅が危惧されるウミガメの鼻の穴からプラスチック製ストローを取り除く動画が公開されたことが支持を広げるきっかけとなったそうだ。毎年1000万トン以上も海に流れ込むと言われるプラスチックごみは自然界で分解されないため、多くの生き物がプラスチック製品を体内へ取り込み、すでに食物連鎖へと入り込み始めているといわれる。日本でも数年前からレジ袋削減の動きがあるが、脱プラスチックは使い捨ての食器やマドラー、綿棒の軸、プラスチックボトルなどにも及んでおり、近い将来、別素材へ代替する可能性も出てきた。

 増え続ける人口、食糧難や水不足、枯渇が危惧される資源、医療の発達などによる高齢・長寿化、テクノロジーの進化によるプライバシー侵害やフェイクニュースの問題、AI等の先端技術が仕事や社会に及ぼす影響、これ以上環境を破壊することのない持続可能な社会の実現――こうした世界が直面する喫緊の課題に関して世界各国で産・官・学の専門家が集まって10年先までを予測、議論を重ね、様々な解決策を模索するのが、グローバルなオープン型未来予測プログラム「フューチャー・アジェンダ」だ。2015年に、2025年までの間に予測される重大な変化についての第2回フューチャー・アジェンダ(第1回は2010年に2020年までの予測が行われた)が実施され、これを1冊の本としてまとめたのが『[データブック]近未来予測2025』だ。

こちらは会員限定記事です。
スマートワーク総研へログインすることで
続きがお読みいただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。