ITの活用で働き方を変える!スマートワーク総研は、ITを活用したワークスタイルの変革を応援する法人様向けサイトです。 スマートワーク総研とは?

新規登録
MENU

スマートワーク総研

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/02/27

今読むべき本はコレだ! おすすめビジネスブックレビュー - 第17回

ソフトウェアで失敗した日本。挽回のカギはやはりソフトウェアである


『ソフトウェア・ファースト あらゆるビジネスを一変させる最強戦略』及川卓也 著

かつて「ものづくり」で時価総額ランキングを席巻した日本企業だが、現在その地位に居るのは「ソフトウェア」を武器にした世界各国のIT企業だ。ソフトウェアの潮流に乗り遅れて敗北した日本を復活させるためのカギ――それはやはりソフトウェアにほかならない。

文/成田全


変化が止まっている日本

 本連載の第12回「働き方改革の次はこれ! 令和時代には『DX』が求められる」で、2018年に経済産業省が公開した文書『DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~』をご紹介した。その内容は「もし日本の企業などがデジタルトランスフォーメーション(DX)を取り入れず、現行のビジネスの維持・運営を続けると、古いシステムが複雑化・ブラックボックス化し、2025年以降には1年あたり最大12兆円の経済損失が生じる。その損失額は現在の約3倍」というものだった。

 1990年代前半のバブル経済崩壊以降、日本では「失われた◯年」の年数が増え続け、世界の時価総額ランキングを席巻していた日本企業に取って代わったのは、ITを活用した「GAFA」などの新しいビジネスだ。日本はどうしたら苦境から抜け出し、新しいビジネスの創出やさらなる成長ができるのか? その処方箋となるのが、実践的な内容が詰まった『ソフトウェア・ファースト あらゆるビジネスを一変させる最強戦略』(及川卓也/日経BP)だ。本書は発売前に重版となり、その後も版を重ね、ベストセラーとなっている。

こちらは会員限定記事です。
スマートワーク総研へログインすることで
続きがお読みいただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマ研おすすめ!!

ピックアップ

ランキング

スマ研おすすめ!!

お気に入り機能を使うには会員登録が必要です。

資料をダウンロードするには会員登録が必要です。